So-net無料ブログ作成
検索選択

『公的都市駅まで』05/01/2013/04123 [日刊忘れ女たち]

イメージ3.jpg

The diary in 1927 of the Hirai 年秋 






   公的都市駅まで





寄りかかっていて

板をふんでしまい

泥まみれの無明って痛いもんだね

あたしたちは

最前列に陣取って遠藤賢司の

夜汽車ブルース

けん玉みたいにぶらぶらなこゝろを

吐きながら乱暴されていたことなど忘れて

森の茸のように聴いていた

森のなかでは

三つのことをしなければならなかった

いっとうはじめに

あきらかに男性系の蛇になること

三つのことは忘れて来た職場のなかの

文房具のようにまったく麻薬でした

暗闇は

存在しない

などと云うのです

光が射せば

消えてなくなる

それって屁理屈へりくだる

公的都市のキリル文字通りを歩くみたいにぞんざいな云いかたではないのかと

いまでも少し神経過敏なじぐざぐの傷口を舐めています

三つのことは慇懃の森のあのひとのようでもありました

思うことはこゝろで触ること

最後のことが此処では云えない

あたしの言葉は

暗闇でしょうか

あのひとの思い出

無明でしょうか

かわたれどきにあなたはいなかった

ひとばんじゅう胞子の住処で買い物をしていたと云うんです

仕方なく

あたしたちはセシウム入りの茸を仲よく分けあった

それから汚れつちまった羽衣と夏の計画表を残り火にくべて

はははと笑った

ずぶ濡れになって

無明の駅まで降りて行きました

鵜飼い派たちのコンサートが終り

あたしたちはさいしょのことば あなたはだれ

ともう一度云って

かの女が見知らぬお兄さんのまえに濡れた指だけで立ちそのお金で

公的都市駅までの

運賃を支払いました


nice!(56)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 56

コメント 2

扶侶夢

“遠藤賢司の夜汽車のブルース”というフレーズだけで、すっかり暗闇の迷宮に迷い込んだ気分になりました。
by 扶侶夢 (2013-05-02 01:12) 

charlie_

扶侶夢さん、コメント有り難うございます。
70年(71年?)の中津川で遠藤賢司の夜汽車のブルースを聴きました。うあー、本当に昔のことです。まさにもう暗闇の迷宮です。
by charlie_ (2013-05-02 07:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。