So-net無料ブログ作成
検索選択

『飛ぶこと泳ぐことの瞬き』06/27/2013/04152 [日刊忘れ女たち]

DVC00063.jpg
08:40:56 aoi-fumen 12/08/2012





   飛ぶこと泳ぐことの瞬き




瞬きの重さは何グラム
周りを囲む微笑み
消えて膝をつく一人歩き一人飛行虫に食べられる浪漫の傘は緑
                      白丸の時計
                    ドイツへ旅発つとき
                    成田国際空港の 
                    MUJIで購入した
                かたちとしては一人称の永遠に続く詩劇ですが


   働きかけて十余年
        仏の蝉が鳴くというので関東ローム層を掘り返すと
        忘れかけたイチゴ拾いの日記と書かれたタイムカプセルが通信傍受していた
                      岩が皆勝手に解釈し苛立ったりしているところへ
        向こう見ずな手が巨大な薄型テレビの下敷きになっていた
                      総天然色はこゝろを高速に上気させ
        思いとしては一人称の永遠に続くロールプレインゲームですが
   MUJIではほかに群青色の麻のストールパスポートケース、薄い青緑のネッククッションを買う


そのときに備えて重さを持たない
眠気を切り落とす涙であふれた水銀色の鉈(なた)を両手でにぎりしめて
ここまで入るな
     整えている暇はない
     魚たちはくじけている
              畳なん十じょうぶんもある国立美術館のバニラ色の壁に向かって
              あたしは水として生きていて
     魚たちとともにいる
     いまおおきな仲間が胴をうねり
              まぶたを閉じ
              そしてあたしを視ひらいた 








nice!(30)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 30

コメント 2

センニン

ご訪問 & nice! ありがとうございました。
また遊びに来ます。
by センニン (2013-06-27 23:47) 

charlie_

センニンさん、有り難う御座います。
by charlie_ (2013-06-28 04:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。