So-net無料ブログ作成

『あなたへの登場人物/砂場からはじまる』09/15/2013/04207 [日刊忘れ女たち]

IMG_2471.jpg
10:29:59 sunaba-kara 09/10/2013





   あなたへの登場人物/砂場からはじまる
   



校門から入ってヒマラヤ杉を左回りに迂回すると
砂場は人でいっぱいだ
ソラの生物
海の遠回しな喜びもなく犬は遠くかえらず
人は子どもたちで
五輪の虹に染められながら
手のひらで掘り返す
人の子どもでいっぱいだ何せ
クラスのみんな
砂場を掘っている

そうでないコもいる
ソラの生物
森の幸福な御達しなど人も犬も知らないのでなあ
理科室で画をかいていたコは
塀際の桜の木のあたりや
鉄棒のまわり
滑り台のまわりを探している

あのときあたしは十歳で若い骨でした
砂場は都営団地の小さな公園にもありました
ソラの生物はもういません
手紙を勝手に開封した麻子は喜びもなく犬は遠くかえらず
かといって悲しみだけで攻めているのではないのです
道理はおかしくても
あたしには説明のつかない砂場でした

その時あたしは四十歳になっていました
遠吠えなんかではない
なんだか甲高いものが
36号棟の向こうで
しきりに吠えておりました
ねえそこでヒマラヤ杉の右を迂回して
図書館に入ると
あたし感想を書くのが嫌だったよ
今夜もそうだな
ことばの思いが浮かばないし
砂だってなんだか湿って臭い
離婚はしないことになりました

犬がなにかを咥えては走ってゆくのを視た
記憶がありません
砂場のまわりに犬はいませんでした
犬は飼ってはいましたが
遊んだ記憶がないまま
どこかへ行ってしまいました
きっと忘れたのよというのは実はあたし自身です
だって忘れたことだってきっと忘れるから
間違いなくあのとき犬は十歳のコの骨を咥えてゆきました
頬張って色とりどりの瀧の冷たさのように飛び跳ねて
一目散に駆けてゆきましたよ
人の子どもでいっぱいの
砂場を校舎の二階から視下ろしながら
だから教師はあのコだと
決めたのです
骨の先にはきっとあのコの魂が下がってる
教師は少し前から
かたく信じていたからです








nice!(31)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 31

コメント 2

般若坊

”あのときあたしは十歳で若い骨でした” すごい表現ですね! ^^
by 般若坊 (2013-09-15 11:47) 

charlie_

般若坊さん、コメント有り難う御座います。小学5年生くらいですね。
その我が母校先刻ネットで調べたら、移転が決まって工事中なんですって。なんだか寂しくなりました。
by charlie_ (2013-09-15 12:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。