So-net無料ブログ作成

『人工の太陽 その仕種』03/05/2014/04262 [日刊忘れ女たち]

IMG_3561.jpg
19:48:57 tokyo-stone 03/04/2014





   人工の太陽 その仕種




人工の太陽 靄 海 そして死骸
日がな一日やり過ごす まだからだが燃えてこない
人造の胃袋 蝶 草 もったいない残りかす
もう一度踏み台に駆け上がり
天上の雲を運ぶ その仕種

聴こえる振りをするのかい
聴こえない振りをしてきたから
早朝の頭突きは目から火が出た
かれは朝早く苛立って起きてしまった
声をあげるとそれが視えるかい
キツネのお面がぼくを観ている

ミズも飲まずにミチを歩いた そして心細くなった
日がな一日やり過ごす まだからだが本気ではない
視ることは もう一度突き刺すこと 曲がった剣 割れた盾
もう一度ジーンズの尻に手のひらを入れながら
おまえに召されないよう
ぼくはかんかんに怒っている
それを身勝手と云う

人工の太陽 靄 海 そして死骸
人工の波打ち際 テトラポット コトバを区切る手のひらの図形
食パンを買って マヨネーズを塗りたくる
「芒のかんざし」「熱燗とっくり」が昼の月にたなびいて 材木座のほうから流れてくる
裸のぼくにぶちまける もったいない残りかす
もう一度踏み台に駆け上がり
天上の雲を運ぶ その仕種








nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。