So-net無料ブログ作成
忘れ女たち/真理の革命(平井年秋) ブログトップ

忘れ女たち11/03/2012 kyoto-no.25 [忘れ女たち/真理の革命(平井年秋)]

132011012012.jpg

13:20 kyoto 11/01/2012





日刊忘れ女たち11/03/2012/04033




    
    ソラに浮かぶ城



 

52頁 3 時・空(第一章 思想の混乱/平井年秋)

 

「わたし」はじ・くうにおいて

いるものとなり

じ・くうはいるにおいて

「わたし」のものとなり

いるは「わたし」において

じ・くうとなる

 

じんるいはながいあいだ

じ・くうをしゃしょうして

そんざいを

せいを

かんがえてきた

 

じ・くうというものがあって

そこにそんざいがせいりつする

というふうに

そんざいとべつなものとして

かんがえられてきたからであろう

 

しかしうちゅうそのものがそんざいである

すなわちうちゅうがじ・くうにおいてそんざいしているのである

 

「わたし」はじ・くうにおいているものとなる

われわれはこのてつがくを

「わたし」がいるといううたがうべからざるじじつから

しゅっぱつした(させた)

じ・くうはいるにおいてわたしのものとなる

 

 *

 

今朝はやはり昨日の酒が残りなかなか起きられなかった

起きて一日をはじめなければと云う気持ちと

消えかけた夢の画像を再生し

もう一度睡魔の誘惑に負けたいと云う気持ちで混濁していた

ソラに浮かぶ城のイメージが浮かんだ

ルネ・マグリットのピレネーの城と云う絵のようなイメージ

海のうえに大きな岩が浮かびその上に城が建っているあの絵です

 

昨晩は芹沢俊介さんの講演を聴いたあとで

久々のシルクで楽しく過ごした

ある(being)のあんていがする(doing)にせんこうする

ビールやハイボールを飲みながら親鸞の話から日蓮の話まで

さらに何故か古い映画ミクロの決死圏の話まで

勝手に話してからみなさんと握手して埼京線に乗り

よろよろ酔っ払って帰ってきた

駅に着いて自転車に乗り換え

よろよろと酩酊を漕いだ

 

 

 

 

 

 


nice!(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
忘れ女たち/真理の革命(平井年秋) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。