So-net無料ブログ作成

『つつつ不二のやま-3(光りがからだに)』03/12/2013/04101  [日刊忘れ女たち]

IMG_0695.jpg
12:48  03/08/2013 tokyo-itabashiku-honmachi-[ita-bashi]





   つつつ不二のやま-3(光りがからだに)




また石鹸を死刑囚の傍に持っていってしまったか
その雑居房をあとにしてこゝろに花は咲いたのだろうかあの人は
からだを洗いました

石神井川に懸かる近代的な板橋の上で
つつつ不二を視つめながらそんなことを考えていた
放蕩三昧だったほんとうのところ性別は不明の姫様が
こゝろを洗いました

中庭にはせせらぎの模型
木漏れ日の恩寵
昼の星々の企み
晴天のこゝろの空洞が
からだを拭きました

いまは椿の花がその油壺に落ちて行く
磁石のように湾曲して
終末のように浮遊して吸い込まれて行く
この油を美しい異国の青い硝子瓶に入れて
世界中の街や村に出かけ売って歩くのが夢だったよね
からだじゅうの美しい汚れを
世界に撒いて
そして ピカッ ピカッ って
湖に落として行くうちにあたしたちは
こゝろを拭きました

光りがからだに当たりました








nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 38

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。